ブログ

事故の怖さを伝える安全教室

名張市の近大高専で「自転車交通安全教室」を開きました。

約500人の生徒が参加し、道路上の危険な行為について説明を聞きました。

DSC_5171

 

 

教室ではスタントマンが事故の様子を実演

  • 一時停止違反
  • 携帯電話のながら運転
  • 2人乗り
  • 傘を差しながらの運転

などなど様々な行為がどのような事故につながってしまうのかを伝えました。

DSC_5181 DSC_5189

DSC_5200 DSC_5236

自転車同士の激突や車にはねられる様子を実際に見ることで
事故の怖さを実感してもらったと思います。

 

スタントマンの方は巧みに受け身をとることで、ケガはしませんでしたが
日常生活で唐突に事故に遭う時はそうはいきません。

 

皆さんも交通ルールを守り、周囲をよく見ながら
事故に遭わない・遭わせない生活を心掛けてください。

 

このページの先頭へ