ブログ

小学校で食農授業!

暖かくなってきた気温に春を感じる広報担当です。

 

JAいがふるさとは小学校で食農授業を行っています。

 

子どもたちが自分の手で農産物を育てることで、どのように生長するのかを学びながら、より農産物をおいしく食べることができます。

 

 

例えばこちらの小学校では小松菜の授業を行いました。

管内の農家さんが先生となり、小松菜の育て方を伝えました!

b c

a(大きくなってね!)

 

 

更にこちらは「バケツ稲作」の収穫祭です!

授業のスタートではなんと…!!

 

子どもたちによる素敵なリコーダーの演奏がありました!

DSC_4689(指導を担当したJA職員へ感謝の気持ちを込めます)

 

  1. 自分たちがバケツで育てたお米
  2. 市販の伊賀米コシヒカリ
  3. 市販の雑穀

以上の3種類のお米をおにぎりにして食べ比べました。

DSC_4692 DSC_4693

DSC_4695 DSC_4702

広報担当もいただきました。どのお米もとっても美味しかったです!!

美味しいと言いながら食べる子どもたちの笑顔が印象的でした。

 

 

このような授業を通じて、

子どもたちが美味しいお米や野菜のことをよく知り、

もっと食べてくれると嬉しいです!!

 

このページの先頭へ